moyoking’s diary

36歳6ヶ月からの不妊治療や関連するコトについて書いてます

バースプラン

 予定日まであと僅か。まだ計画無痛分娩日も未定で、赤ちゃんに「週末はダメよ~前倒しとしても平日よ~」と言い聞かせながらソワソワ落ち着かない日々を送ってます(*_*)

 

 バースプラン。クリニックで用紙を渡され、35週頃に助産師さんと目を通しながら提出してはいたものの、正直「これでなんとか安心/大丈夫」と思える内容で無く。あんなんでいいのだろうか?と思っていた矢先、骨盤ケアの先生の産前ラストケアで色んなお話聴けました!例えば、、

 

●当日、どの助産師さんが担当で付いてくれるか分からない。だからこそ、バースプランで協力して欲しいことやお願いしたいことは『前向きに』『可愛く』書くべし!

例:いきみ逃しをしてる時に、、

○「ほめられると頑張れます!」

×「下手でも叱らないでください」

 

●旦那さんや誰かしらの立ち会いがあって写真や動画撮影OKな場合、撮影するのは立ち会う人。どんな写真や動画を撮って欲しいのか事前に打ち合わせすること・三脚を借りれたり持ち込めるのであれば、絶対その方が良い!肉眼で立ち会う人も奇跡の瞬間を共有出来る。

 

●自分の胎盤、見たくない?

 

などなど。

もちろん、施設ごとに出来る/できないはあるにしても、聞いてみて損はなし。恥骨痛が酷くて骨盤ケアを今も自宅でしているわたしの場合、先生から【入院~産後2時間まで】の間に助産師さんや看護師さんの手を借りなければ出来ないことも色々あり。

 

特に、産後の処置が全て終わって分娩台から降りるとき!

 

「絶対に両脚を揃えてゆっくり降りないと、本気で恥骨離開の恐れあり!」とのことでバースプランに協力お願いとして書き込みました。力強く!(*`Д´*)

 

 あとは、アロマや音楽ですかね。好きな香りや気持ちが沸き立つ/落ち着く音楽もあるんですけど、実際痛みの極限でそーいうものがバックで流れていたとして、、

あとで産後に聴いたり嗅いだりした時に、当時の痛みを思い出したりしないもんでしょうか笑

そう思ってしまったらいそいそと出産用のCD作る手も止まり( -_-)考え中です笑

甥っ子の母は「あ、ぜーんぜん覚えてないし聴いたり嗅いだりの余裕も無かったから、あってもなくても同じじゃない?」と。We will rock youとか流してて、あの「バァァァーン」てところでダーンと産まれてきたりしたら凄いドラマティックだけど、イントロの「ズンズンチャッ」で産まれてこられたら、、( ´艸`)

それはそれでなんか笑える気もする笑

 

 いつ産まれてきてもおかしくない38週。睡眠サイクルも乱れに乱れて朝5時~10時の間で起床。遂に運転も、乗り降りや方向確認の為の身体前のめりがキツくて一人では無理。歩き過ぎても恥骨に響く。ご飯作るために立ってても腰にくるわ足が浮腫むわ。お腹はスイカが入ってるみたいに真ん丸パンパン。

 

・・・この感じ、男性陣に感じさせたい。どれだけキツいのか知って欲しい。日々、身体も心も変化していく【妊娠】ていう事柄が、どれだけ妊娠前にはあった自分の身体と心の自由に影響して、果ては自分の日々の生活に影響していくのか。

体験しなくても元々想像力豊かでとっても協力的な男性もいると思います。そういう男性は対象外でいいともわたしは思わなくて、とにかく子どもを持つことになった全ての男性陣には感じて欲しいと思ってしまう、、

男性陣を、自分が感じてる苦しみで苦しめたいとかでもなくて、やっぱり知って欲しいんです。うまく表現出来ない。なんこんなに「知って欲しい」欲求が出てくるんだろう。

 

市役所で「パパに妊婦体験を!」なんて素敵なイベント開催してる~と思ったら、まぁ開催日は思いっきり平日の日中ですよね。時間も14時とか15時とか。誰の都合を最優先してるのかがよく分かる日時ですね。

病院やクリニックでは土日にパパママ教室があったりするけれど、その施設ごとに内容も異なるし、ほとんどが座って聴いての講義形式で実感は湧きにくいし。

 

 バースプランからだいぶ離れて着地笑

【9M 産休入り目前に恥骨痛】

 妊娠も9ヶ月目が無事終了、10ヶ月目に入りました(*´Д`*)長かった、、けれど、腰痛や月1位で発生する便秘以外にはほぼトラブル無く経過!かと思いきや、、

 

 魔の9ヶ月目でした、、orz

 

 法的な産休入り可能日より1週間後にリアル産休入りを希望していたわたしの身に、歩くのもやっと(更に1週間後には、外を歩けない程)の激しい恥骨痛が発生(*_*)

職場の先輩ママさんがそんなわたしの訴えを聞いて紹介してくれたのが、とある助産院。助産院て、自然なお産の受け入れ先というだけじゃないんですね。無知なわたしは助産院で骨盤ケアやベビィケアの施術や知識が得られるとは全く知らず、もぅ藁にもすがる気持ちでその助産院へ。

 

 「3日も来ればお産に大丈夫な身体になるからっ」と初診で助産師の先生は確信をもって言い切られ笑 

実際、この初診での施術や自宅でも出来る体操法・トコちゃんのおなか巻きで恥骨痛が半減!心から驚きました。

妊娠してから慢性的に痛かった腰痛緩和の為にトコちゃんベルトは別の産婦人科の教室で購入していたものの、、

 

座るときに骨盤にかかる強い圧が不快&赤ちゃんが苦しくないか心配で、結局『自宅のみ』且つ『立って作業する時』だけ装着してました。効果はもちろん、装着時は腰が軽く=身体が軽くなったけれど、外し方(横になって骨盤高位で)を面倒くさがってきちんと守っていなかったことも祟ったのか、、orz その後、腰痛の度合いをはるかに超える恥骨痛に襲われ、本当に気分まで落ち込みました。だって、

 

・寝起きに起き上がって、ベッドの縁に座っても恥骨痛

・寝室からお手洗いへ数歩歩くだけで恥骨痛

・椅子から立ち上がって1歩出すだけで恥骨痛

・寝返りを左右どちらにする時も恥骨痛

 

寝ても醒めても恥骨痛( -_-)

何をしても恥骨痛( -_-)

 

なぜか、この痛みスタートと同時に仰向けでも眠れなくなり、骨盤ケアの初診時に骨盤高位を試しても腰は上がらないわ、なんとか上がっても気持ち悪くて維持出来ないわ。

 

そんな苦痛が日に日に半減するのに一役買ってくれたのが、わたしの恥骨痛の場合はトコちゃんのおなか巻き(白くて、ベルトが2股に別れているもの。お腹と恥骨周りを支えてくれる)でした☆彡

助産院での初診→2日目→3日目と通い、先生からも「ね、お腹がいい形になったし支えられて上がってるし、赤ちゃんもお腹の中で動きやすくなってるね。心音もこんな上で聴こえるようになってる(^-^)これで産めるね!」と♪自分でもお腹の変化は凄く感じて、骨盤ケアした日の夜は動きやすいからか、赤ちゃんの胎動がとにかく激しくて笑

 

ー早朝5時。2時から覚醒中ー

 

『問いかけ』

・・・確か、今は20分おきに起きたり寝たりの周期じゃなかった?

『事実確認』

あなた(赤ちゃん)、夜中の2時からぶっ続けで3時間動きまくってない??

『予定確認』

まさか、動きやすくなりすぎてこのまま逆子とかマジ勘弁だよ?!

 

今のところ、問いかけには緩やかな回答が日々得られ(さすがに3時間ぶっ通しはなく、もっと細切れに笑)、予定確認したあとも逆子の気配なく経過中笑

 

さて。

 

そろそろ健診で話が出るかな。

 

計画無痛分娩の日程調整や、いかに☆彡

【8M マタニティフォト他】

 撮っちゃいました、スタジオアリスでマタニティフォト(*´Д`*)

「撮影料」やその他諸々が無料ではありましたが、手元に劣化させず良い状態で持っていたい!という気持ち&せっかく撮れた旦那さんの恥じらいスマイルとわたしの愛しいポッコリお腹、、

なんやかんやで数千円!かかりましたが、仕上がり品を旦那さんと夕食後に改めて見ながら撮影現場での面白エピソードを話したり、不妊治療していた頃には想像出来なかったなぁとしみじみしたり。

壁ドン的ポーズを係のお姉さんにリクエストされ、「あっ、えっ(キョロキョロ落ち着かない)」と思いっきり戸惑う旦那さんが最高でした(笑)

いつもはドラマでそんなシーンが流れれば、「あんなん、実際するー?相当自信ないと出来ないよー」と言ってる側の人間からしたら、もう完全に心中穏やかではいられなかったのでしょう~うふふ( ´艸`)

結婚して自分の子どもを孕んでいる妻には“相当自信ある”状態でいいと思ったけどもー(笑)

 

わたしは生まれて初めて、自分のお腹が愛しいと感じました。あまりに愛し過ぎて、4枚中1枚はわたしのお腹を花輪で囲った写真をセレクト。仕上がり品を見ていても、ホンワカ柔らかなスポットライトが当たった自分のお腹にばかり目がいく不思議。

そして、、

このお腹のショットと旦那さんとの2ショットを「(鼻息荒く)無料なんだから!」とマグネットにもしてもらった不思議(笑)

「ママさん、とってもいい笑顔です~素敵です~」と何度も何度もアゲてくれるお姉さん。

結婚式の時以来に着たフワッフワで真っ白なドレス。

確実にアリスマジックにかかった、、

 

いや、ほめられて調子に乗って一時的に地に足着かなくなったのはわたし、、

 

どこにお腹のマグネット貼るねん!

誰に見せんねん!

見せられた方は笑っていいのかどうしたもんだか戸惑うわ!

見せるんなら、せめて暗黙の内に「笑ってね」メッセージが事前に伝わるようにしないとね!気をつけて!

 

そんなわたしをいつものようには止めなかった旦那さん。だいぶ自分も疲れてたのね。

 

妊娠8ヵ月、週3回のお仕事もまだなんとか大丈夫でした。電話が鳴ったりピンポーンと来客の音が鳴ると、本能的にパッと立ち上がるわたしを「ちょっ、もう○○さんは出なくていいから!怖いよ~」と先輩方が止めてくださり。プチ出禁みたくなりましたが、こういう小さなことでもセーブさせてもらえると、だいぶ身体や気持ちが楽でした。

そして、わたしの実家の家族が揃って来てくれて。有給とお休みを組み合わせて、たっぷり家族と宿泊先のホテルで水入らずの時間を過ごせました。3食昼寝付き&家族とのゲームって最高ですね。いつもの「ワードバスケット」と新しく仕入れた「つっこみカルタ」という2種類のカードゲームで大爆笑したり本気で大人気なく怒ったり。

 

一番、安定期っぽい妊娠月でした(*´Д`*)

妊娠中の運転

 職場へは、愛する愛車で約30分~1時間。行きは良い良い!(=時間帯的に空いていて大体30~40分)帰りは怖い、、(=ハマると1時間(*`Д´*))それでも、満員電車や周囲の騒音を避けて通勤出来ること、しみじみ有り難いと思っていますが、、

 

 最近、ニュースでも度々取り上げられていた「あおり運転」。お腹にBABYいることは間違い無いので、わたしは数ヶ月前から愛車の後部窓の内側に、

『BABY IN CAR』

という黄色地に黒字&赤ちゃんマークのプレートをぶら下げてるんですが。

 

( -_-)・・・信号待ちで一時停車の時、見えませんかね?もれなくバッチリ通勤の度にあおり運転発生します。

 

あおられても絶対に加速して事故を起こしたり腹部にベルトの圧迫与えたくないし、そんな時に限って車線変更出来るタイミングもなかなか来ず(*_*)

どうしたもんだかと旦那さんと話し合い、「まずは、気持ちを少し落ち着けるために、『あおられてる』じゃなく『お急ぎの方』と切り替える。車線変更するのが最善だけど、出来ない&逃げ場が無いときは、そのままの速度か少し速度を落として『お急ぎの方』に車線変更していただく&追い越していただく。最悪、車を停められたら鍵ロック&スマホ起動して録画」

という方法をとることにしてます。今のところ、この方法が回避にいい感じです。最悪パターンは今後も起きないことを祈るばかり。

 

 話は変わって妊娠も8ヶ月目に突入!お臍を最先端としたお腹の膨らみが加速笑 赤ちゃんの体重増加も加速笑 炭水化物の摂取量を妊娠前の半分にして、やっとこさ8ヶ月目で+6キロにコントロール(*´Д`*)妊婦健診でも先生や助産師さんにほめてもらえて、素直に嬉しいです♪

そして、こーんなに出っ張ったお腹を運転中いかに守ろうかと考え試してみた結果、何回か折りたたんだタオルを下腹部のベルトと腹部の間に挟むのが自分には適してました。やむを得ない急ブレーキで下腹部圧迫が起きても、このタオルが多少クッションになってくれて。自動車用品店にも足を運びましたが、「これ!」っていうものが無くて。他の車通勤妊婦さんはどうされてるんでしょう?

 

 産休入りまであともう少し。妊婦さんによっては「車の振動でお腹が張る」とか(>_<)わたしはまだその気配はないんですが、、

 

一回運転中、赤ちゃんの足がとんでもなく右側のあばら辺りに入り込み笑 そのまま元気にキックしまくってくれて、あまりの痛さに何度も息をのみながらめっちゃハンドル握って運転に集中するように注意したことがありました。

凄いですね、赤ちゃんのキック力もですけど、子宮っていう臓器の伸び笑 痛すぎて、でも運転集中しなくちゃいけなくて、アワワワーとなって「こーんなとこまで伸びてんのかーい(゚Д゚)」と乳首ドリルの芸人さんみたく社内で叫びましたorz

 

 車通勤の妊婦お仲間さん、共に踏ん張りましょう!笑m(_ _)m

 

【7M マタニティヨガ&ビクス】

 やっとこさ身体を多少積極的に「動かそうかな?」と思えた妊娠7カ月目。どちらも休憩入れながらの1時間半、マタニティヨガ&ビクスに行ってきました。個人的な意見ですが、、

 

<マタニティヨガ>

・呼吸に集中しながらのゆっくりした動作で、お腹のことが心配になることは無い

・「どこかが痛い時&逆子の時、その根本原因は心にある」と先生。んー( -_-)

妊娠前には痛くなかった腰が痛むのも心からキテるんかねぇ?逆子は赤ちゃん元気に動き回ってるからじゃね?と素直に受け入れられない笑

・最後のリラクゼーション(横になって休む)でめっちゃ眠くなる

・リフレッシュ感は5段階で言うと、心=3/身体=3

 

<マタニティビクス>

・常に足踏みがベースにあり、思ってたよりも動く!張りは感じないまでも「ぉ、おぉっ、大丈夫かな?」と時折お腹が気になる。一緒に参加していた妊婦さんで「お腹が張る」とちょこちょこ休憩される方も。動きの程度を5段階で言うと、ヨガ=2に対してビクス=5

・先生のトークはほぼなく、一連の短い動きを覚えて何度も繰り返す。ずっとテンポの早めな音楽が流れていて楽しい♪

・終わったあとの爽快感がパない笑

・リフレッシュ感は5段階で言うと、心=5/身体=5!

 

ということで、わたしにはビクスが合っていることが判明。特に「おぉ、ビクス(*´Д`*)」と思ったのが、翌日の体重です笑

ヨガの翌日は特に大きな増減無かったのですが、ビクスの後は-500gと妊娠始まって以来のマイナス値が叩き出されました。

ビクスの数日後に妊婦健診で超音波スクリーニング検査をしてもらい、全身のサイズや構造・推定体重等含めて「赤ちゃん、順調ですね~」のお言葉もあり(*´Д`*)

今までぜーんぜん動いて無かったから、減ったのは母体の余分な水分やら脂肪なはずと笑

 

クラスへ参加するのもいいけど、ポーズや簡単な動き方も覚えれば自宅でも出来るし♪

何より体重管理の強い味方を見つけられて、ホッと一安心な7カ月目でした笑

 

イライラ大号泣な自分

 妊娠期間もそろそろ安定期=中期が終わろうとしています。

妊娠初期は、健診の回数少ない&胎動もほぼ感じられない→仕事の合間にふと「赤ちゃん、大丈夫だよね!?」と、不安になったり。あとは、つわりと台風のダブルパンチ笑 大人気なく大声上げての大号泣ピークはここでした(*_*)

そして、妊娠中期。

 

ハイ。

 

誰?

 

一体、誰が「中期=安定期☆彡」とのたまったん??

 

つわりは終わってもイライラに取り変わった絶え間ない腰痛&俄然増したガラスばりの繊細な心、、無理すれば出来ることでも、眠気や疲労感や腰痛→『やる気0』に見事に達してくれることで「自由にあれも出来ない、これも出来ない、、もぅなんも出来ない( -_-)」と出来ないだらけの自分が悲しくなり、更に迷惑かけてしまう旦那さんに申し訳無くて悲しくなり、静かな嗚咽から大号泣への発展( -_-)

赤ちゃん的には有り難い程の安定期だったから、そこはまぁ納得しましょう。でも、母体的には中期=安定期とはわたしは認められん!笑

 

本当に初期~中期にかけては「思ってたんとちゃう」妊娠期間でした。今振り返れば笑えるようになったここともあるけれど、人一人を身体の中で育てることの大変さをしみじみ思い知った貴重な時間でもありました。

 

もうすぐ突入する後期!

体重管理はいい調子で、7カ月時点で+5キロ。チャイルドシートやら「これはどうしても!」という赤ちゃん衣服も少しずつ買い始めたり。

 

うむ。

 

あれ。

 

楽しいパートに入ったのかもしれない?!やだもーやっとですか??

 

けれど、油断禁物、油断大敵でまた日々の変化を味わっていこうと思います(*`Д´*)

【6M まさかの体重激増@1週間】

 ふぁ~随分と間が空いてしまいました。この間、産前最後の里帰りをしたり新型出生前診断を受けたり・・・色々とコントロールが利かなくなってきた日常生活にイライラしたり号泣したり笑 とてもハッピーマタニティライフとは程遠いムードで過ごしてました(*_*)

 

 そのイライラが爆発したのが、6M0dでの妊婦健診。訳あって転院した先のクリニックで初診だったわけです。で、体重測りましたら、、まさかの先週から1.5キロ増( -_-)

はいー?!嘘でしょ?「この調子だと、産むときまでに20キロ増えちゃうからね~食事はどんなですか~?」と先生や看護師さんが穏やかだったから良かったものの。今まで痩せ体質で、妊娠してからも“十分に子どもの分まで食べられてない自分”を責めつつ、食べられる物を少しずつ食べていたはずなのに、、( -_-)

ホルモンの影響もあると思いますが、とにかく頭がカァーっと怒り&恥モードになり泣

現在、糖質やら食事量やら食べる時間を調整中です。

 

 そして、新型出生前診断(=NIPT)。学生時代からの友人にダウン症のお子さんが産まれ、「高齢出産のわたしもその可能性は高い」ことと、「ダウン症の可能性高い場合は、事前に出来る心身の準備をしておきたい」ことから受けてきました。

わたしはいくつかある検査の選択肢から【全染色体検査】を受けてきました。説明(カウンセリング)+採血1本、時間はそんなにかかりませんでしたが、検査費は保険適用外で20万前後かかりました。

結果は、高確率で全て陰性。それでも実際に産まれてから判明する事も有り得ますが、その時はその時で対処しようと旦那さん。そして、性別も分かり、男の子でした(*´Д`*)

なーんと笑 3人姉妹&ずっと女子校通い&男友達という発想が理解出来ない、ある意味「超女子?!」なわたしに、まさか男子が宿っている、、うふふ笑 

不思議過ぎてちょっとよく分からないんですけど、旦那さんは「おっしゃ!」と喜んでました。が、その後すぐに「あれ、、、でもなんか寂しいね」と( -_-)「え、なんで?」→「だって、女の子ではないんだもんね。そっか、男かぁ、、んー、、女の子じゃなかったかー男嬉しいけど」と笑 

どっちやねん!でも、子どもの名前を授かる前から2人で考えていて、真っ先に決まったのが女の子の名前だったこともあって、なんだか2人して「こりゃ、女の子だ」みたいな微かな思い込みがあったのかもしれません。わたしに多胎妊娠は無理だから、もし第二子を考えられるようになったら「女の子!」と念じてみますかね笑

 

 なんて書いている自分に別の【イライラ大号泣な自分】が、「ハァ?一人目の妊娠でこんなに色々out of controlなのに、二人目?ちゃんちゃらおかしいね、一人目もまだ無事に産まれてもないんだし、まずは目先の責任を一つ一つ果たして母になる心構えをギュンと固めてからでしょ(*`Д´*)」と言ってきました。はぁ、、、ですよねぇ、、というか、でしょうねぇ(*_*)(>_<)(T_T)・・・( -_-)

 

この別の自分については、もう少し心が落ち着いてからつらつら客観的に書いてみたいと思います。