moyoking’s diary

36歳6ヶ月からの不妊治療や関連するコトについて書いてます

【6M まさかの体重激増@1週間】

 ふぁ~随分と間が空いてしまいました。この間、産前最後の里帰りをしたり新型出生前診断を受けたり・・・色々とコントロールが利かなくなってきた日常生活にイライラしたり号泣したり笑 とてもハッピーマタニティライフとは程遠いムードで過ごしてました(*_*)

 

 そのイライラが爆発したのが、6M0dでの妊婦健診。訳あって転院した先のクリニックで初診だったわけです。で、体重測りましたら、、まさかの先週から1.5キロ増( -_-)

はいー?!嘘でしょ?「この調子だと、産むときまでに20キロ増えちゃうからね~食事はどんなですか~?」と先生や看護師さんが穏やかだったから良かったものの。今まで痩せ体質で、妊娠してからも“十分に子どもの分まで食べられてない自分”を責めつつ、食べられる物を少しずつ食べていたはずなのに、、( -_-)

ホルモンの影響もあると思いますが、とにかく頭がカァーっと怒り&恥モードになり泣

現在、糖質やら食事量やら食べる時間を調整中です。

 

 そして、新型出生前診断(=NIPT)。学生時代からの友人にダウン症のお子さんが産まれ、「高齢出産のわたしもその可能性は高い」ことと、「ダウン症の可能性高い場合は、事前に出来る心身の準備をしておきたい」ことから受けてきました。

わたしはいくつかある検査の選択肢から【全染色体検査】を受けてきました。説明(カウンセリング)+採血1本、時間はそんなにかかりませんでしたが、検査費は保険適用外で20万前後かかりました。

結果は、高確率で全て陰性。それでも実際に産まれてから判明する事も有り得ますが、その時はその時で対処しようと旦那さん。そして、性別も分かり、男の子でした(*´Д`*)

なーんと笑 3人姉妹&ずっと女子校通い&男友達という発想が理解出来ない、ある意味「超女子?!」なわたしに、まさか男子が宿っている、、うふふ笑 

不思議過ぎてちょっとよく分からないんですけど、旦那さんは「おっしゃ!」と喜んでました。が、その後すぐに「あれ、、、でもなんか寂しいね」と( -_-)「え、なんで?」→「だって、女の子ではないんだもんね。そっか、男かぁ、、んー、、女の子じゃなかったかー男嬉しいけど」と笑 

どっちやねん!でも、子どもの名前を授かる前から2人で考えていて、真っ先に決まったのが女の子の名前だったこともあって、なんだか2人して「こりゃ、女の子だ」みたいな微かな思い込みがあったのかもしれません。わたしに多胎妊娠は無理だから、もし第二子を考えられるようになったら「女の子!」と念じてみますかね笑

 

 なんて書いている自分に別の【イライラ大号泣な自分】が、「ハァ?一人目の妊娠でこんなに色々out of controlなのに、二人目?ちゃんちゃらおかしいね、一人目もまだ無事に産まれてもないんだし、まずは目先の責任を一つ一つ果たして母になる心構えをギュンと固めてからでしょ(*`Д´*)」と言ってきました。はぁ、、、ですよねぇ、、というか、でしょうねぇ(*_*)(>_<)(T_T)・・・( -_-)

 

この別の自分については、もう少し心が落ち着いてからつらつら客観的に書いてみたいと思います。

風疹流行

 最初に通院した不妊治療の病院では、IVFまで進んでも全く風疹についてその“抗体の必要性”→“妊婦が罹患した際のリスク”なども話がありませんでした。新鮮胚で挑んだIVFの妊娠判定が陰性という結果に終わり、そのタイミングで次回の治療に向け採血するとのことだったので「風疹の抗体も調べてください」とお願いした結果、HI法で16倍でした。

 風疹抗体検査には他の検査方法もあるらしいのですが、HI法の場合だと「16倍以下=低抗体~抗体/免疫無し」に入ると分かり、結果が分かった時点でMRワクチンを打ってもらいました。ちなみに、わたしは4年前にも打ってます。

 風疹のワクチンは弱毒性(=そのまんまですが、ウイルスの毒性を弱めたもの)を身体へ注入することになるので、妊活はその後2ヵ月避けることが望ましいとされてます。

 

 2ヵ月、、(*_*)

 

 わたしは初IVFが陰性に終わったあとの1ヵ月は「なーんも考えずに休養だ!飲めや歌えや~」と過ごしたので多少短くは感じましたが、妊活始めたばかりの人にしてみたら、、長く感じますよね。わたし自身、卵管切除の手術や風疹のワクチンやらで、よくよく振り返ってみればなーんも出来なかった期間が3ヵ月。通院するでもなく、淡々とお仕事と家庭を両立させながら過ごした日達があったんでした。うん。よく頑張りました、わたし。

 

 そんな日々ののちに起きた妊娠という奇跡。そして、2013年の大流行以来の風疹流行(T_T)なんでやねん!

 

 そして先日採血結果が分かり、、6月には64倍あった風疹の抗体がまた16倍まで下がってました。はい~?笑

 

【11w0d 採血&初の経腹エコー】

 母子手帳の白・黄・青の太枠内を記載していざ病院へ!前日の台風でまさかの病院も停電(>_<)最低限の電気がついてて、あれは自家発電なのかな?病院へ来る途中も所々で信号が消えてて、方向指示してくれる方もおらず、、そろーりそろーり旦那さん慎重な運転でした。

 

 採血の後に初の経腹エコー。塗りたくられるジェルが「ヒヤッ(*_*)」とするかと思って覚悟していたら、「ホワッ(*´Д`*)」っと温かくて。それだけで気持ちまでホワッとした簡単な自分笑

玉ちゃんは頭からお尻までの座高が4cmで、前回はなかった手足や背骨を見せてもらいました。うん、ほんの少し人っぽい笑

「もう動くんだけどね~あれ~寝てるね~」と先生。ここでまた、母親らしからぬ黒い気持ちが発生( -_-)

 

(心の中で玉ちゃんに言い聞かせるように、、)

「ママが台風でつわりMAXだったり停電だったり辛い思いをしてきた&2週間ぶりにあなたを見に来たのに、えぇ!あなたはスヤスヤお休みですか!あぁぁぁーそーいうことですか!」

 

 、、、わたしは我が子に無償の愛・見返りを求めない愛を表現出来るんやろか、、( -_-)

なーんて思ったりするけれど、全てはニックキつわりのせいや!つわり終わったら生まれ変わるわ!

悪阻は辛い(T_T)

 7週頃からベースに「眠い・怠い」、8週にピーク?と思わせる強い「吐きつわり」、9週~11週現在まで夜中にパッチリ覚醒→2時間位眠れず悶々とする「寝つわり」、、( -_-)

 

 正直、こんなに辛く長いとは(まだ終わってないから余計に、、)。わたしよりもっと辛い妊婦さんもいるとは思いますが、わたしの【つわり許容メーター】はかなり閾値が低いようです。あんなに望んだ我が子でありながら、つわりが辛過ぎて「楽になりたい、、でも堕ろしたくない。ってか、楽になりたいって考えること自体、母親としてどうなの??」と自問自答を繰り返し、、

 

 昨夜、旦那さんの前で大泣きしてしまいました。37歳にもなって「もぅ嫌ぁぁぁー楽になりたいけど堕ろしたくないーお姉ちゃんに会いたいー」と全力で泣きました。旦那さんはただただ無言で背中を撫でてくれました。なんて言っていいか、さすがに分からんかったかな。

 

 玉ちゃん、ごめん。まだまだな母だけど踏ん張るで。大目に見といてな。

【9w1d 母子手帳ゲッツ】

 産院で2回目の妊婦健診でした。玉ちゃんは頭からお尻までのサイズが23mm(*´Д`*)ちっちゃ笑

旦那さん、初の超音波モニターに映る玉ちゃん確認。先生が「心臓の拍動が分かるように~」と色をつけてくれました。旦那さんの反応は、、予想外の落ち着き反応( -_-)それでも看護師さんの説明をいちいちメモとる様子が見られたので、帰宅後のツッコミは軽めにしときました笑

 今回の健診で母子手帳もらいに行ってよし!とのことだったので、後日市役所でゲット(*´Д`*)

 

 それにしても、、

 

 7w後半からの悪阻(T_T)

 

 わたしは「なにやら眠い~怠い~」から始まり、スケール10で表すと8w中頃に「気持ち悪い~夜中目が覚めて眠れない~」っていうピークの10がきました。お仕事、このピークの日だけ一日お休みしてしまった、、

 有り難いことに「水も飲めない」とか「毎日吐く」などなどのハード系はなく、果物やらカリカリ梅やらでなんとかしのいだり。朝昼が悪阻祭り→夕方から急に「ジャンク食べたい!」と、マックやらケンタを仕事帰りの旦那さんにお願いしたり。いやぁ~、、一刻も早く終わって欲しい(>_<)

 こんな状況が数週間続く経験なんてコト今までないから耐性も低くて、、身体も前に比べたら全然動かしてないから、比例して気持ちもだだ下がりするわけです。なーんもやる気しない。で、ずーっと横になってるから腰も痛くなるし頭重感MAXやし。やっぱり身体と心はこれ、つながってる部分ありますね。

 あと、人工的な匂いが嫌になりました。特にシャンプーとか柔軟剤の香りが、「香り」ではもはやなく「キッツい匂い」になってしまい、、まさかのお風呂タイムまで苦痛発生で、ほんと、、半泣き(T_T)

 

 先輩ママさん達は「終わりはくる/産んだら忘れる」って言うけども!悪阻中の苦しみを将来、子どもと旦那さんの前でどんだけ苦しかったか再現できる自信がある!で、めっちゃ労ってもらう!笑

【7w3d 心拍確認】

 初めての産科受診。慣れない道を病院へ向かった結果、無事に心拍確認出来ました!

中国人の先生が「いるね~ちょっと聴いてみようね~」とカーソルのようなものを心臓?に合わせたら、声紋の波形をとるみたいな画像が出て、それが定期的に山を作って「シャンシャン」と小さく鳴ってました。やはり涙ボロボロです。気にしてないふりして過ごしてきた2週間でした。緊張が一気に解けて、「良かった~怖かった~」と笑

先生は看護師さんに「(カルテに)心拍確認出来て、非常に喜んでおられた、と書いておいてください」と(*´Д`*)ハイ、非常に喜びました笑

 

 心拍確認出来ると、流産の確率が一気に下がるそうですね。まだまだ道のりは長いけど、こうやって時間が経って一つ一つクリア出来ることを祈るばかりです。

 

 はぁぁぁぁ、、、一旦めっちゃ疲れました(*_*)

 

妊活で効果が感じられたこと

 何よりも「血流改善」でした。このためにしたことは、、

 

・トレーニング室でウォーキングと筋トレ

→最中は水分摂取、終了後はプロテインを飲んだり焼き肉定食を食べて、壊れた筋肉がパワーアップしてくれるとイメージしてました笑

 

・漢方

→わたしは舌の色が白っぽくて、ふちがギザギザ(ストレスあり)でした。腎虚血とのことで、婦宝当帰や胃での消化吸収を助けてくれる晶三仙、亀鹿仙を処方されました。食前の漢方摂取で、食欲が真夏も下がらずに過ごすことができたのは大きかったです。毎年真夏はただでさえない食欲が減って、梅ソーメン的なサッパリしたものしか食べられていませんでした。

ただ、クリニックでは漢方中止と言われたため、止めました。それでも、治療前の体質改善に大いに役立ってくれたと感じています。

 

・腹巻き、靴下で冷え予防

→自分が冷えているという認識も実感も無かったのですが、鍼灸の先生に足が冷えていると指摘され。考えてみれば、自宅も職場もフローリングや!靴下履いていない自宅では特に、クーラーの冷えがガッツリ足元にのしかかっていたことに気付きました(*_*)

それからは季節問わずの腹巻き&靴下生活です。鍼灸の先生にも「冷えなくなったね」と♪

 

・あ、鍼灸

→整体と鍼灸(鍼は足元、お灸はお腹と腰)も効果絶大でした。眠くなる=体力回復のサインですが、ここへ通う度とにかく眠い!笑

男の先生もその飄々としつつ朴訥とした感じが面白くて、整体の最中よくお話しながら笑ってました笑

うん、通って本当に良かった。

 

・程よい仕事量

→治療と仕事を両立出来たことは、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

わたしは東京での治療開始に伴い、職場の重鎮さん達に直接&スタッフさん達にLINEで「治療のこと・急な/長期のお休みが発生しうること」を伝えました。子どもに関わる職場なこともあるとは思いますが、信じられないほど温かい反応をいただけました。もし、少しでも拒絶反応に近いものがあったら、、弱いわたしは自主退職していたかもしれません。

治療最優先で程よく働けたことで、余計なことを考えたり検索魔になる時間もかなり少なかったと思います。

 

与えられた時間をどう過ごすのか。

わたしは、出来るだけ笑って楽しく感謝の気持ちでと心がけました。もちろん、ぜーんぜん出来ない時期もありました。初回のIVFで蕁麻疹が痒くて痒くて眠れない日や、妊娠判定日前の多量出血を目撃した時。

でも、意識していたら少しずつ出来るようになっていたようで、治療後半はあっけらかんとした気持ちもありました。深刻になりすぎないのもいいことかもしれません。

 

なーんて言ってる間にもうすぐ心拍確認です。

玉ちゃん、元気でいてますように☆彡

赤ちゃんが欲しい方のところへ赤ちゃん、到着出来ますように☆彡